野郎飯流・イタリア人のきんぴらごぼう

イタリア人がきんぴらごぼう作ったらきっとこうなるやつ。

和の調味料を一切使わず、にんにく、オリーブオイル、岩塩、バルサミコ、蜂蜜で仕上げましたが、まぁ不思議な事に和食にすこんと入れても別に問題ないというか。ワインにも合うっちゃあ合う(当然か)

超絶地味な料理ですが、案外いいんじゃない?的な。



■材料

・ごぼう(食べたいだけ)

・えのきだけ(食べたいだけ)

・しいたけ(食べたいだけ)

・にんにく(適量)

・オリーブオイル(適量)

・バルサミコ酢(適量)

・はちみつ(適量)

・岩塩(適量)

・鷹の爪(少量)


■作り方

1.フライパンにオリーブオイルと潰したニンニク、種を取り除いた鷹の爪を入れて加熱。火が入ってきたら、ささがきにしたごぼうを入れて炒める。次いで、適当に切ったえのきだけ・しいたけを入れてさらに炒める。


2.ごぼう火が通るくらいの頃合いで、軽く岩塩を振って味をつけたのち、ざざっとパルサミコ酢をまわしかけ、さらにはちみつを加えて味をつけていく。ちょっと甘いかなぁくらいを目指して。バルサミコ酢は、たっぷりでも問題ない。


3.バルサミコ酢らが、とろっとなってごぼうに絡んだ具合で盛り付けて完成。



やってる事は難しくもなんともないですが、

焦げだけは注意。




0コメント

  • 1000 / 1000