祐天寺・居酒屋大将で、しっぽり呑む。

軽く酒が入って、ふらふらりとしているところに、仲間と一緒にこれまたふらふらりと訪れた居酒屋。

日本のザ・居酒屋ってかんじでさ、それでいて居心地もいい。店の方も優しく迎えてくれる。雰囲気からたまんないよね。


2軒目に寄ったお店だけど、ビールから日本酒からと、だらだら飲みまして。


突き出しもんでさ、煮凍りなんて出してくれるなんざ渋いじゃないか。心憎いうまさ。


こういうさ、ほうれん草のおひたしってのでいいんですよ。こういうので、だらだらと楽しく過ごせるってもんです。


それはさ、あんきもポン酢だってしかり。ちゃんとした仕込みで、クリアでまったりしたうまさ。


こんなお店だからこそさ、こういう何の変哲もない肉じゃがだって、どこかしら郷愁を感じるような優しいあじわい。


しっぽりと呑むなら、俺は、こういう居酒屋という選択肢、ありだと思ってます。




0コメント

  • 1000 / 1000