春、一瞬だけの旬。国産のアスパラソバージュ

一般的な「アスパラガス」とは同じユリ科でもアスパラガス属ではなくオオアマナ属の多年草のアスパラソバージュ。ヨーロッパに広く分布し、中でもピレネー山地に多く自生しているもので、だいたい冷蔵ものか冷凍ものが日本では出回っていてね。これがまた高価なの。

そして、入荷も4月から5がつにかけてのほんの2~3週間しか出回らない、貴重な食材でもあります。


その中でも、さらに超貴重な純国産のアスパラソバージュが、ありました。


山形県酒田市「JAそでうら」管内の園芸農家、佐藤さんのアスパラソバージュ。

まさか、この日本にこんな逸品があったとは思いもよらなかった。

ちなみに購入は・・・


フードネットワークプロデューサー、株式会社てまひまのUEDA代表。

入荷をまっさきに教えてもらい、即、購入。



んじゃ、調理してみましょう。


アスパラソバージュに軽くウンブリア州のオリーブオイルを塗って、

ほんの少しだけ岩塩をおとして、天火でじんわり加熱。焦がさぬように、

それでいて水分を逃さぬように焼き上げる。


そして、黒胡椒とオリーブオイルをかけて完成。


焼きにかなり神経をつかいますが、出来たこのシンプルな一皿のどうしようもない旨さときたら・・・たまらないですね。




0コメント

  • 1000 / 1000