西尾市民病院・18年6月8日(金)病院食

手術翌日は、傷口が地味に痛くあまり眠れず、さらに発熱も。ぐったりですが、飯は食える。鼠蹊部の傷を初めて見たが、なかなかのもんでした。そりゃ痛いわ。それにしても形成外科医の手技は見事。


【病院食の前提条件】
・エネルギーコントロール食(通称:エネコン食)で提供。3食合わせて1840キロカロリー制限。

・食事は全て病院内で調理(委託先は日清医療食品)

・ごはんは200g


■朝食(88食目 ※3日目朝食と同じ)

・シーチキンを醤油か何かで煮たようなもの
・牛乳
・野菜ふりかけ
・合わせ味噌と白菜ワカメの味噌汁
・ごはん

・大根おろしとエノキダケの酢とかで合えたようなやつ

■昼食(89食目)

・ごはん

・茄子とオクラを焼いて醤油とすりごまで合えたようなやつ

・五目ないろいろを豆腐のように固めて、 餡をかけてとろろ昆布をのっけたやつ
・マヨネーズ添えのサラダ(3度目の登場)
・オレンジ(24度目の登場)

■夕食(90食目)

・少ししそ風味のするもやしと人参のおひたし

・ごはん

・人参とじゃがいもと大根と鶏モモの超薄味な煮物(じゃがいもは、やっぱりカスカス食感)

・熱を加えすぎているタラ
・バナナ(21度目の登場)


うぅむ、夕食のクオリティは初めて「まじか〜」と思った。




0コメント

  • 1000 / 1000