野郎飯流・低温火入れのシンプルな豚しゃぶ

1日かけて仕込んだ昆布水と葱と豚だけを使った豚しゃぶ。
鍋は沸かさない。豚も、泳がせない。おいとくだけ。

たれは、淡口醤油×酢×すりおろしにんにくと、溜まり醤油×酢×すりおろししょうがの二種類を作りました。

シンプルだけどさ、驚くうまさやで。


■材料

・豚ロース薄着り肉(食べたいだけ)

・ねぎ(たっぷり食べたいだけ)

・昆布水(1日かけて鍋に水と昆布を入れてとったやつ、適量)

・醤油(淡口、溜まりを適量)

・酢(適量)

・すりおろしにんにく(適量)

・すりおろし生姜(適量)


■作り方

1.鍋に昆布水をはり、切ったネギをたっぷり入れて加熱。一旦沸いたら火力を落として沸騰しないように調整。ふつふつと沸かさない。


2.タレを作って奥。淡口醤油:酢=1:1ですりおろしにんにくたっぷり混ぜたタレ。あとは、溜まり醤油:酢=1:1ですりおろし生姜をたっぷり混ぜたタレの2種類用意。


3.鍋の中のねぎの上に豚ロース薄切り肉を置いて、しばらく放置。しゃぶしゃぶしない。ゆっくりと火入れされていく。頃合いをみて、ねぎと一緒に取り出してタレにつけて食べる。



超シンプルだけど、うまいよ、これ。




0コメント

  • 1000 / 1000