東銀座・木挽町辨松の懐石弁当

歌舞伎座で歌舞伎を観覧する前に、なんか弁当でもという事になり、歌舞伎座向かいにある木挽町辨松へ。歌舞伎とともに歩む江戸の味。さて、どんなお弁当なんでしょ。

辨の字のふたを取ると、

あら素敵なお弁当。
弁松の煮物の味の夜長かな と、詠まれたように、やはり特筆すべきは煮物。
濃く旨く煮しめられた具材のこの芳醇なうまさよ。これぞ江戸の味やなぁと思わせるうまさです。美味しくいただいてますが、アァこれには日本酒が欲しいなと、幕間によく思ったもんです。


アァ、美味い。煮物美味い。


0コメント

  • 1000 / 1000