五反田・カチヴァプー、ワインとともに、痒いところに手の届く飯を。

五反田に、カチヴァプーという店ができていた。呑むよー!と誘われ訪れた店がこちら。カキとチーズと、蒸し物という意味、ヴァプールを合わせた造語のお店。ワインと蒸しガキのお店なんだろうが、

科学じゃなくて化学ね。とはいえ、かなり細かいところまで気を回すことができる店であるなっていうのと、料理1つ1つが一癖というか、よく考えられているレシピでおもしろい。あまりいないタイプ(スターになりうる、固定客を作りやすい)シェフがやってるんだなあという感じがする。

いい具合のレベルで焼かれた肉や、

サラダもいいね、面白い。

トリッパとひよこ豆のチリコンカルネ、これうまかったな。よく考えられてる。

エスニックなチキンソテーもなかなか面白いアプローチ。


ちゃんと塩の見極めができてるから、何食べてもうまい。


その前に、ここの蒸し牡蠣を僕は食べてませんが、
まぁ多分うまいでしょうよ。


ワインとともに、ふらり訪れてみてもいいんじゃんかね?



0コメント

  • 1000 / 1000