野郎飯流・薫る低温調理ローストポーク、ケッカソース


低温調理系ローストポーク。温度調整をして作るので温度計は必須。
ちゃんとできれば最高に美味い。火入れ時間は好みで調整してみるといい。


■材料
・豚肩ロース肉塊(食べたいだけ。今回は2キロ)
・イタリアンパセリなど乾燥ハーブミックス(適量)
・ピパーチ(適量)
・岩塩(適量)
・オリーブオイル(適量)
・ニンニク(適量)
・フルーツトマト(適量)
・バジル(適量)


■作り方
1.豚肩ロース肉塊を常温にして、岩塩や乾燥ハーブミックス、ピパーチをしっかりすりこむ。

2.潰したニンニクとオリーブオイルとともにジップロック(耐熱)に塊肉を入れてしばらくマリネ。

3.65度キープで沸かした湯にジップロックごと入れて90分ほど加熱。

こんなかんじ。

肉の状況を見てみて、もうちょい火入れしたほうがいいと判断したらもうちょい火入れ。OKだったら火から下ろす。

4.提供前に肉塊を焼く。

5.ケッカソースを作る。擦ったニンニクと塩とオリーブオイル、湯むきして刻んだフルーツトマトを合わせて混ぜ、ちぎったバジルを加えて完成。簡単。


6.豚をスライスして、あとは適当に盛り付けて完成。


わりと時間かかるので、時間があるときにどうぞ。



0コメント

  • 1000 / 1000