駒沢・ネパリコのダルバート

体も胃も心も疲れ果てていて、とはいえ、自分で用意するのもあれだし、かといって癒してもらえぬ時にふと見つけたネパリコ。優しいネパールの飯を食べにいってみよう。

豆のスープに、ご飯。日本で言えば、ご飯とみそ汁。ふむ、いいかもしれない。定食で頼んでみよう。

ヒマラヤ岩塩のキャンドル優しく、

なんだろう、異国の雰囲気とは思えない居心地の良さ。

そして出てきた、ダルバート。
ダル(スープ)、バート(ご飯)、タルカリ(おかず)、アツァール(漬物)にチキンカレーが付くプレート。野菜もりもりで、味付けもめちゃくちゃ優しく。特にダルがものすごく美味しくて、ガンガンお代わりをしてしまうレベル。奥深くマイルドかつ優しい味で、包み込まれる。接客もとても優しい。好きだ。


こんなに心から癒される料理、貴重です。



0コメント

  • 1000 / 1000