三軒茶屋・Bricca、超規格外なイタリアン

自然体でさり気なく天才的な料理を出す店。そんなふうに形容したら割としっくりくるかなぁと思うなかなかどうして衝撃的な店、ブリッカ。ここはひとつ、おまかせでコースといきましょう。正直何が出てくるか一切わからない。でも、それがいいんだ。

アミューズは、鰤。塩っ気の効いた赤かぶにミントをあわせたもん。のっけから美味い。

続いてさんま。
イタリアン的に解釈した焼きサンマの押し寿司とでも言いましょうか。ドライトマトも添えて。あぁ、こういう合わせ方ってあるんだなぁ。イタリアンな焼きサンマの押し寿司、これだけでももりもりいきたい。日本酒も確実に合うんだろうなぁ。

これは驚愕だった。姫リンゴに黒いちじく。かかっているのは、しっかり仕込んだフォアグラを凍らせて擦ったもの、なんとチーズ的なニュアンスがあって新しい味わいでした。目からうろこ過ぎる。

そりゃあさぁ、美味いワインがどんどん進んでいくよね。しかたないよね。

たら白子をバターで焼いたものにさ、蕪のスープ仕立てに蕪の葉のソース。このシンプルかつ素敵なセンス。旨くないわけがない。

製法がなかなかのこだわりなイタリアの乾麺を丁寧に茹でて、牛と鶏の出汁仕込みのバターソースで作ったパスタ、白トリュフがばしばしかかって、大変やばい一品。

香りと旨さに思わずのけぞってしまった、ポルチーニなどいろいろなキノコをベースとにしてパスタ生地で包んだやつ。

メインは、岩手の豚と海外産の松茸。
どシンプルなんだけど、焼きや塩加減でもう素晴らしい仕上がりに。


一皿一皿に思想がきっちり出ていて、味わいもきっちり最高に美味いわけで。
そんなお店が予約で満席の日もあればがらんとした日も有るっていうのが信じられない。美食家なら必ず押さえなければならない店だし、びしっと美味しい店に連れ出したいぜって時には必ずここはいかねばならない店だと思う。そして、こんなお店が近所にあったら、本当に僕はやばいと思う。散財するほどいってしまうやもしれない。




0コメント

  • 1000 / 1000