碧南・新川町、常連のどて丼と餃子

物心つく前から、その店はここにある。
新川河口そばにある、中華料理・常連。ほぼ昔のまま、ここにある。

マリーナもそばにある、名鉄三河線の橋もそこにかかっている。風景的には変わらないけど、橋だけは綺麗になったね。

もう50年にもなるんだ、この店が出来てから。

いろいろとあるんだけど、この店ではどうして抑えておかなければならないものが2つあるのだよ。

どて丼。どてやきとしてももちろん食べられるし美味いんだが、この赤味噌のぎゅっとした濃縮加減と甘旨さ、これが本当にたまらない。ある意味ソウルフードです。
だけどね、昔とはやはり味が違う。めちゃくちゃ洗練された味になっていたね。いいことではあるんだけどね、この、モツがもつ割と臭い感じ。ああいう香りとか若干粗野な部分も味わいとして好きだったんだけどね。まぁ時間の流れはそこで感じます。

もうひとつ、ここの餃子も抑えておきたい。
昔ながらの餃子。特製のたれで食べる、この皮のもっちり加減と中の具の味わい加減がまぁ昭和もいいところ。いい意味で。美味いんだよね。


いつまでも変わらず、あぁ、でも変わっているか。それでも、ちゃんと美味いそんな故郷の味の一つ。



0コメント

  • 1000 / 1000