三田・鹿島屋の煮込みやら何やら

完全に酒場放浪記的なやつですね。創業1931年(昭和6年)、にこみの赤ちょうちんに建物自体がまた昭和もいいところな、ある意味天然記念物的なそんな店、鹿島屋。

瓶ビールで乾杯してさ、まずは煮込みだよ。

フワとアブラ。この濃い色の煮込みがねぇものすごいちょうどいい味付けで、思わず美味いと唸ってしまうわけさ。

こういう普通のきんぴらが美味いだなんて、いいじゃないか。

そうとくりゃあ、ふつうのもろきゅうだって、ばっちりなわけだよ。

煮付けた子持ちのヤリイカだってさ、あぁ、もうばっちりな味わい。

シメに吸い物なんて頼むわけだけど、この吸い物もちょうどいい。

できるだけ、これからも長くこの地でこの味を味わいたい、そんなお店。



0コメント

  • 1000 / 1000