山梨・北杜で稲刈りを体験する。

稲刈り、いきませんか?
そんな誘いを、この地でオーベルジュの開業準備をしている愛と胃袋一家から受け、一路小渕沢へ。
土日祝日のスーパーあずさの混み具合をなめていた結果、甲府までデッキで過ごす事に。
小雨予報でしたがね、結果最後まで天気がもちまして。誰か晴れ男でもいるんかなと、まぁそんなかんじで。

迎えの車に乗り、竹林をぬけて、

到着したは、ぴたらファーム。今回お世話になった自然循環型のオーガニックファーム。

なかなか素敵な古民家。キッチンが外に向かってオープンなのもいいねぇ。

唐箕も置いてありましたね。

手作りジャムとかも売ってましたね。
今回の参加者は就農を考えてたりするような方が多く、単なる食いしん坊さんは僕だけだったかも(笑)まぁ、そもそも行こうと思ったのは、稲作をちゃんとこの目で見て体験をしないとなぁと。原点を知る事でまた新たな発見があるかもなぁってね。

山ほど柿がなってましたね。そんな田舎道を歩いて、

到着した田んぼ。いいねぇ実ってますねぇ。

実ってますね、こしひかり。

黒米も育ってましたね。

稲の刈り方や縛り方など教わってから、農作業。

まさか全部手刈りなわけはなく、オートバインダーで刈って結束していくわけですわ。

僕もやりました。慣れるまでてこずりましたが、案外楽しいわけです。

まっすぐ走らせるために、ちょいと力は入りますわな。すごい楽というわけでもないですが、刈る&結束するってのを考えるとめっちゃ楽に思えます。

手で刈って水につけておいた藁で結束した稲。あっちゅうまに昼になりましてね、休憩。

ファームのほうも見せてもらいました。

ルッコラ美味いなぁ、なかなかの味の濃さ。濃いんだけど香りは優しめ。

カラシナとかもありましたね。いろいろと作ってましたね。土やら水もいいんだろうなぁ。

近隣には、こんな立て札もありました。
GMOフリーゾーンってのがあるんすなぁ。

さて、昼食を挟んで、

結束した稲を、はせがけにしていきます。こうやって天日干しをしていくわけです。だいたい5日間くらいですが、どうも今年は天気がよろしくないというか不安定で、干す期間が延びるらしい。
自然と向き合う農業ならでは問題も垣間みえました。

それにしても、いい風景だ。

ちなみに、隣の他の田んぼではコンバインで稲刈りしてました。

こちらが手刈り&オートバインダーで刈ったあと。

こちらが、コンバインで一気に刈り取ったあと。
刈って脱穀まで一気にやってしまうんで、まぁ楽ですわね。乾燥とかも機械でやってしまうわけですから、まぁあっけないわけで。


で、ここで。
天日干しした昔ながらの米と、コンバインで一気に刈ってさっさと乾燥させた米と。
ねぇ、どっちが美味いんだい?食味試験がしたくなりました。
同じ条件で炊いてさ、はらぺこじゃない時に食べて。さて、どうなるんだろうかなぁ。非常に気になりますね。



しかし、いい体験しました。
またこういう機会あれば、行ってみようと思います。



0コメント

  • 1000 / 1000