石垣島・シャネルでやぎ汁を喰らう。

仲間達ばかりか、飲み歩いていた近所のバーやら飲み屋で、「あそこには行っておいたほうがいい」「いろいろな意味で超強烈」と言われ、ふらり立ち寄った名は、シャネル。まぁ、所謂スナックです。

老若男女みなさま楽しんでおられます。
そして、僕はカウンターに。目の前でママさんが大量のにんにくを刻んでおられました。
それにしても、なかなかどうして優しく接して頂けるので、なんかいいなぁと思ってしまう僕もいたりするわけでして。

とりあえず、飲みます。島の酒は好きです。

あぁぁ、そうそう。やぎ汁を食べなければ。
かつて、いろいろな店でやぎ汁を食べたけど、実は沖縄で食べたことなかったんだよね。やぎ、くさいんだよねぇ・・・動物園くさいというかなんというか。

なんて思いながら、出されたのが、こちら。

ラーメンどんぶりで出されたやぎ汁。これで通常の1人前です。けっこうな量。
そして、目の前で刻んでいた大量のにんにくが、どんと。おぉう、なんということだこんな夜中に。

では、頂いてみましょう・・・ん?思うほど臭くない。というか、上質なジビエ的な香りだ。なんということだ、今まで食べていたやぎ汁は何だったんだ!くらい美味い。汁も肉もどんどんいける。にんにくも、確かにこの荒っぽい刻みだからこそよかったりする。

なんということだ、想定外だ。想定外で美味い。そして、こういう昭和なスナックで、強烈な雰囲気で・・・なんという魔境だ、ここは。


教えてもらってよかった。今の所、このやぎ汁が僕の中でベストオブやぎ汁だったりします。

またいこう。




0コメント

  • 1000 / 1000