野郎飯流・2016年秋冬版餃子

同じ餃子を焼くにせよ、皮を変えたり餡を変えたりとまぁいろいろとやっていますが、今回はこんなかんじ。餡はかなりシンプルです。そして、片栗粉をスープで溶いたやつを加えて焼いているので、ちと焦げやすかったりします。が、まぁそれもご愛嬌。


■材料
・豚ひき肉(野菜全量の8割)
・生姜(適量)
・キャベツ(たっぷり)
・ニラ(キャベツと同量くらい)
・ナツメグ(適量)
・中華スープ(適量)
・餃子の皮(厚めのもの、仕込みたいだけ)
・餃子のたれ(醤油と酢を1:1で割ったもの。適量)
・ごま油(適量)
・もやし(適量)

■作り方
1.キャベツやニラは、めっちゃ細かく微塵切りに。生姜は擦っておく。

2.仕込んだ材料と豚ひき肉、ナツメグをほのかにかおりがする程度を加えてしっかり練る。


3.常温の中華スープを少しづつ練ったタネに加えながらさらに練る。ゆるゆるになる手前くらいまでスープを加えて練るってからしばらく冷蔵庫で寝かす。

4.餃子の皮にタネを入れて包んで、ごま油を少し引いたフライパンに円状に並べて、スープで蒸し焼きにして、盛り付け、茹でて軽く塩とごま油で和えておいたもやしを真ん中にどんと盛って完成。



餃子は奥が深い。



0コメント

  • 1000 / 1000