仙川・ダブリューセンガワでワインと料理をなんかいい感じで。


ワインも買えて、買ったワインをその場で呑めて、

なんかいい雰囲気のレストラン。
だから、なんて形容するかと言えば、いろんな意味で「なんかいいかんじのレストラン」ってとこでしょうかね。

タパスとかの値段が分かりやすいかつ洒落乙に配置されたメニュー、ええやん。ちゃんと看板メニューもあるけど、いいねこういうの。

そんなわけで、まずはこぼれスパークリング。受け皿までちゃんと綺麗に。しっかりこぼれてます。

アミューズでスープがでてきた。割と美味しかったので、この先も期待できる。

こういう、アボカドを焼いただけっていうやつも、いい塩加減で美味しくだしてくれてよかった。

穴子がパテになったやる。ソースもツメを利用しているのだけど、こういう再構築料理も面白いし旨いからさ、お、やるやん!と思った次第。

なので、メインの豚もしっかり塊肉で頼んでみた。
ガルニチュール達もちゃんと旨い。豚も塩加減とかよかったが、ちょいと火入れが長かったかなぁ。惜しい火入れだった。うまい肉ではあると思う。

シメにパスタにしてみた。うん、いいじゃんかね。



まぁなんにしても、いいぐあいのいいかんじのレストランじゃないでしょうかね。



0コメント

  • 1000 / 1000