野郎飯流・やたら手のかかる大ぶり野菜のラタトゥイユ

鍋に一気に入れてドンって煮て〜じゃない。
食材ひとつひとつ丁寧に微妙に塩の量を変えて焼き上げ、
最後に1つにするラタトゥイユ。プロが作る筑前煮とかとも一緒だわな。
感動的に美味いのは間違いない。ただ、めっちゃ時間かかります。


■材料
・ズッキーニ(食べたいだけ)
・ナス(食べたいだけ)
・人参(食べたいだけ)
・セロリ(食べたいだけ)
・パプリカ(食べたいだけ)
・トマト(食べたいだけ)
・ニンニク(適量)
・タイム(適量)
・オリーブオイル(適量)


■作り方
1.野菜をそれぞれ適当に輪切りにする。トマトはあとで。


2.野菜をそれぞれオリーブオイルで焼く。食材に応じて塩の振り方を調整する。

ズッキーニを焼いて

ナスを焼いて

パプリカを焼いて

人参とセロリを焼く。


3.トマトを適当にざく切りにする。潰したニンニクとオリーブオイルを鍋に入れて加熱。香りが出たらトマトを入れて焼く。タイムも入れる。

4.トマトの身が崩れるか崩れないかくらいになったら、焼いておいた野菜を全部入れて、ざっくり合わせ、塩で味を調整。火を止めてなじませて完成。



野菜の煮物っていう感じにはしていなくて、
それでも、トマトの水分である程度煮込めちゃうんだけど、
野菜の食感とか旨さとか、そういうのを楽しんで欲しいそんな野菜料理。


すんごい手間かかってめんどくさいんだけど、すんごい美味い。



0コメント

  • 1000 / 1000