京都白梅町・江畑でカウンター焼肉

京都を訪れたら、一度行ってみたいなぁと思っていた場所があった。

白梅町の江畑。近江牛のホルモンやら肉を堪能できる店。

ちょいちょい、ここ、美味いぜ!という話題がちらほらあったので、一人訪れてみた。めっちゃ混むとか予約しないと!な話は聞いていたので、開店とほぼ同じ時間くらいに訪問。

カウンターに通される。すでに焼肉にありつく客数組。早い。

目の前にガスロースターと、おつまみキャベツ。キャベツはなくなると自動的に盛ってもられる(カウンターだからなのか?)

まずは、センマイ刺から。しっかり仕事がされているからね、新鮮で美味い。

タン刺もいってみる。刺身で食べられるってのもいいね。うまい。

ここまでで、酒1杯目を消化。さて、そろそろ焼きに入りましょう。


ホルモン盛り。レバーとかもまぁ綺麗!


自分でも焼けるのやけど、カウンターだと店の人が焼いてくれます。これがまた勉強になるんですわ。どう焼いたほうが美味いか?あぁなるほどと目からウロコが落ちます。

今回、いろいろ食べながら、焼肉の極意の一端を勉強することになりました、僕。


カシラを注文。


いい肉質で美味い!

そして、江畑に来たなら、これを食べなければ!

ギアラネギ。

ギアラを焼きまして。

どっさりと九条葱をのせまして焼きまして。


はいどうぞ。こんなんめちゃくちゃ美味いに決まってる!

あぁ、官能的。来てよかった。


ここまで酒を飲み飲み肉を食べ食べしてましたが、白米は我慢していました。

でもね、もう我慢できない。


近江牛バラ肉。ここに大将が「男なら、これを足さなきゃ!」と、ニンニク追加してくれまして。「元気になっちゃうよ!」とかいって拳を上げる。そりゃあ元気にあれやこれやしたいさ!しかし、大将、若い。孫がいる年齢とは全く思えぬ。


さて、白米。

あの例のお方じゃないけどさ、


ここは、オンザライスでしょ!

くそっ!見目麗しい官能の一杯!食べざるをえない幸福感。

やっちまった後の後悔なんかどうでもいいくらいだ。



この官能の焼肉、京都に行ったらぜひ。

というか、また行きたい。いきたくてたまらん。




0コメント

  • 1000 / 1000