京都中央市場・石田食堂の朝からいけるラーメンと焼飯

朝早く京都に降り立ち、京都駅近くの例の有名な店のはしごでもって考えることをやめてさ、丹波口まで行くわけ。要するに、京都中央市場へ行くわけさ。市場にうまいものありって思っててさ俺、で、やっぱりあったわけ。

朝6時からやってる石田食堂。そして、朝からいけるラーメンなんて言われちゃいくしかないじゃない。



昭和な匂いプンプンする店内。あぁ、朝からカレーでもよくなってきた。

でも、うん、米も食べたいな。焼飯もいいな。

うん、こうしよう。結局焼半ラーメンを注文。


出てきたラーメン、実はめちゃくちゃあっさり。なんというか、出汁の味がやたらうまい。食べたことのない味かなぁ。とにかく出汁で食わせるラーメン。やたらバランスはいいわ京都らしい薄切りの豚にネギに。これは、京都でなくても食べたいよ。飲んだ後でもいきたいし、なんというかなぁ、優しく胸を刺す味。


焼飯(半)も登場。卓上にあるソースをお好みでかけてって言われて、かけるのとかけないのと味わってみたけど、ソースは、かけたほうがいい。下品でうまい。こんな淡白な味なのにしっかり食べさせるこのソース、侮れない。



京都にも、こんなラーメンあったんだ。




0コメント

  • 1000 / 1000